さて。
意外と早く更新できてしまった。
もう少し時間がかかると思っていたんだが、そうでもなかったのは喜ばしいことか。

今回は寝取られ男の視点となっています。
別口で考えていたシチュエーションですが、寝取られものっぽい感じを出したくて流用しました。

本編の中で説明不足な点があるのは解っているのですが、敢えてそのままにしておきます。
今後のお話の中でリンクできればということで、ご勘弁願いたい。

photo-065_003



今回、文字数が多くなっているので、色々と省きました。
その省いた設定が旦那さんとアオイさんの関係ですね。
本当なら話の中で触れておくべきですが、一話読切の制限の中では難しいものがありました。
続きを読むのところで、少し補足しておきますので、良ければそちらも参照してみて下さい。

アオイさんの話は寝取られモノを強く意識しました。
話中で、アオイさんになじられるシーンもありますので、そこは注意しておいて下さい。

また、卑語を多めにもしています。

次回はまた違った設定で話を書いていければと思います。
人妻シリーズは10話を1つの区切りにしたいと考えているので、また読んで頂ければ幸いですね。



人妻アオイの場合 1話読切 【同窓】

人妻アオイの場合 1話読切 【別窓】





アオイさんと旦那さんの裏設定に関して

2人の出会いは大学時代です。
旦那さんの方がサークルの2年先輩であり、後輩でサークルに入ってきたアオイさんに一目惚れをしました。
アオイさんはそれまで男性と付きあったことがなく、旦那さんの方も同じでした。
初々しい中学生のような2人の恋愛を周囲は生暖かく見守っていたそうです。

その後、付き合いは順調に進み、旦那さんは大学卒業後に就職します。
アオイさんも大学卒業後に就職をし、24歳で結婚をしました。
旦那さん30歳、アオイさん28歳で分譲マンションを購入。
購入資金は両家の親が多少援助してくれましたが、その条件として孫が見たいとのことでした。
これをきっかけに、アオイさんは仕事を退職し、子どもを作ろうと考えていた矢先の話があのシーンです。

性生活について可もなく不可もなくといったアオイさんでしたが、寝取り男にすっかりと寝取られてしまいました。

旦那さんはあれが夢だと思っている。
しかし、現実は。

これから産まれてくるであろう子どもは……ということですね。

photo-062



愚痴っぽい裏話



短編でも3話程度で収まるのならきっちり書いた方が良いのだろうかと思うこともあるのですが、ともかく最初は読みやすいコンテンツをということで、1話読切の話を中心に進めています。
少し前にも書きましたが、ともかく1話読切の人妻シリーズを一区切りつければ、次の話を考えていこうかと思っているので、もうしばらくは人妻の寝取りモノを書いていこうかと。

ご意見、ご要望などがあれば、コメント欄にてお知らせ頂ければ幸いです。



それでは桜木きつねでした。



人妻アオイの場合 1話読切 【同窓】

人妻アオイの場合 1話読切 【別窓】



アダルトブログランキングへブログランキング【ブログの惑星】